【開発物語】テクノス「CSM工法」 4つの回転カッターで地盤を掘削 (7/7ページ)

2013.12.23 05:00

テクノスがCSM工法で手がけた工事の中で最も規模が大きく難度が高かった、首都高速中央環状新宿線で既存の地下トンネルを拡幅する工事の様子

テクノスがCSM工法で手がけた工事の中で最も規模が大きく難度が高かった、首都高速中央環状新宿線で既存の地下トンネルを拡幅する工事の様子【拡大】

  • テクノスが本社や工場を構える愛知県豊川市の拠点
  • テクノスでCSM工法に携わるメンバー。クアトロカッターの前で、左から阿部さん、関口さん、石川さん、中庭さん
  • 回転カッターが激しく回り、小さな煙を立てながら地盤を掘り進んでいく

                   ◇

 ≪KEY WORD≫

 ■CSM工法

 近年は主に大都市部の地下工事で大深度化が進んでおり、地中連続壁の工事では硬い地盤への対応が欠かせない。CSM工法では回転カッターを使うことで、硬い地盤でも他の重機の助けを借りずに掘り進み、掘った土を水に溶かしたセメントと練り混ぜるなどして、土留めや遮水のための地中連続壁をつくる。従来は「安定液掘削工法」という工法があり、掘削機械で掘った土が崩れにくくなる特殊な液体を地中に注入しながら土を地上に掘り出していた。これに比べCSM工法は、地中で掘削とセメントとの練り混ぜを並行して行えるため、生コン車が不要で、二酸化炭素(CO2)の発生を減らすとともに、工期の短縮や材料の節約につながり、コスト圧縮が期待できるという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!