【クルマ人】日産技術すべて注いだ新型スカイライン インフィニティに変えた理由 (1/9ページ)

2013.12.23 07:00

日産自動車が発表した、新型スカイライン

日産自動車が発表した、新型スカイライン【拡大】

  • 日産自動車が発表した、新型スカイライン。説明する西川広人副社長
  • 日産自動車が発表した、新型スカイライン。フォトセッションに臨む、西川広人副社長(左)とアンディ・パーマ-副社長
  • 日産自動車が発表した、新型スカイラインの運転席
  • 日産自動車の新型「スカイライン」国内企画担当者、寺田美穂・日本商品企画室リージョナルプロダクトマネージャー

 日産自動車は主力乗用車「スカイライン」を全面改良し、来年2月末に発売する。13代目となる新型はシリーズ初のハイブリッド車(HV)。輸入車の高級セダンに対抗するプレミアムカーを目指し、海外向け高級車ブランド「インフィニティ」のマークを車体前面に採用した。

 排気量3500ccのエンジンと電気モーターを組み合わせたHVシステムで、ガソリン1リットル当たりの走行距離は最も燃費がいいモデルで18・4キロ。価格は449万6100~553万7700円。月間販売目標は200台。

 国内の商品企画を担当した寺田美穂・日本商品企画部リージョナルプロダクトマネージャーに開発の経緯や思いなどを聞いた。

 --新型スカイラインのアピールポイントは

 「先進技術がこれほどてんこ盛りの車を担当するのは私も初めて。日産が今できることを全部盛り込んだ。ステアリングとタイヤをシャフトでつながずに、電気信号に置き換えて車を操作する機能は乗用車では世界で初めて採用した」

「世界初の衝突回避機能はぜひアピールしたい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!