原発再稼働はいつ? 景気回復の足かせ、電力供給の不安続く (3/3ページ)

2013.12.31 12:00

 そんな中、関電は震災後初めて迎えた「原発ゼロの冬」を乗り切るため中部、北陸、中国の各電力から過去最大の計149万キロワットを融通してもらう契約を取り付けるなど供給力の確保に奔走した。

 それでも余力を示す「供給予備率」は3%。需要のピーク時に火力発電の1、2基が故障すれば、電力不足に陥る。

 経済産業省は今月13日、エネルギー基本計画案で原発を「基盤となる重要なベース電源」と位置づけ、原発の活用方針をようやく明確化した。再稼働を急ぎたい電力会社には朗報となったが、いまだ危機のまっただ中にある。(板東和正) 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。