「スマホで車操作」パナソニックが技術開発 16年にも実用化 (2/2ページ)

2014.1.6 06:00

 具体的には、センサーやカメラなどを活用した事故防止システムなど車載関連技術に、スマホの通信機能を組み合わせる考え。スマホが自動車のリモコンキーの代用となるほか、カーナビやエアコンなどの車載機器の遠隔操作にも対応。

 指でスマホの画面をなぞることで縦列駐車や車庫入れなどをできるようにする。将来はラジコンカーのように本格的にスマホで運転する機能も実現できるという。

 新技術は、米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」、米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」搭載のスマホに対応させる。すでに自動車会社のテストコースなども利用して研究に入っている。

 パナソニックは、スマホの通信機能を利用して遠隔操作できる家電製品を「スマート家電」として販売しており、家電で培った技術を応用して自動車分野に本格参入する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。