2013年MNP年間純増数、KDDIが2年連続トップ ドコモ約140万件転出 (1/2ページ)

2014.1.10 15:57

 携帯電話各社が10日発表した昨年12月期のMNP(モバイルナンバーポータビリティ)利用実績によると、MNP純増数は、KDDIが4万3300件の転入超過で27カ月連続のトップとなった。同社による2013年通年の累計MNP純増数は約96万件で、2年連続首位。

 MNPとは、現在利用している電話番号のまま、ほかの携帯電話会社へ契約を切り替えられるサービス。2位のソフトバンクは9400件の転入超過、3位のドコモは5万1000件の転出超過だった。2013年通年では、ソフトバンクが約46万件の転入超過、NTTドコモは約143万件の転出超過となった。

 一方、電気通信事業者協会(TCA)が発表したスマホやタブレット、携帯を含めた端末の純増数(新規契約数から解約を差し引いた数)は、ドコモが27万9100件でトップ。ソフトバンクは22万4300件、KDDIは22万2600件だった。

『auスマートパス』が契約者数800万人を突破、取り組みへ高い評価

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。