がん転移抑制効果 フェカリスを研究 ニチニチ製薬と東大

2014.1.21 05:00

 加熱処理乳酸菌の研究・生産を手がけるニチニチ製薬(三重県伊賀市)は、免疫系機能性素材である乳酸菌フェカリス「FK-23」のがん転移抑制効果について、東京大学と共同研究を始めた。4月には結論を得たいとしている。

 FK-23はこれまで、マウスに移植したがんの成長がFK-23により抑えられたことに関する「抗腫瘍剤及びその製造法」や「C型肝炎治療剤」「抗アレルギー及びその製造」など10の特許を取得。FK-23の強い免疫力の働きとしてがん転移抑制効果が期待されており、「がんの微小環境を標的とした抗がん剤の開発」などの研究を専門とする東大の日下部守昭特任教授と共同研究することにした。

 日下部教授は「がんに効果があることを期待しており、研究で科学的な根拠を与える」と話した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!