中小企業、ミャンマー進出に先陣 大手との人材争奪戦懸念 (1/4ページ)

2014.1.24 06:06

ヤンゴン日本人商工会議所会員数

ヤンゴン日本人商工会議所会員数【拡大】

 中小企業のミャンマー進出がIT分野を中心に加速している。質の高い人材が豊富で消費市場としての潜在力も高い同国に、活路を求める大企業も少なくない。ただ、大規模な投資を伴う大企業は決定までに時間がかかることもあり、小回りの利く中小企業の進出ラッシュが際立つ形になっている。一方、人件費が上昇する中で大手に人材を引き抜かれるなど中小企業の悩みも尽きない。

 トップダウンで即断

 「イッチ、ニィ、サン、シ」

 最大都市ヤンゴン市。企業向けシステム開発の第一コンピュータリソース(DCR、名古屋市中区)の100%子会社、ミャンマーDCRの従業員が日本のラジオ体操で体を動かす。2008年7月に、日系IT企業として初めてミャンマーに設立された同社の赤畑俊一社長は「メンタリティーが日本人に近く、仕事もやりやすい」と話す。

 DCRは02年に中国・北京に拠点を開設したが、人件費高騰を受け東南アジアへの進出を検討。質の高いIT系人材が豊富なことがミャンマー進出の決め手となった。事業は軌道に乗り今や従業員は200人規模だ。

「中小企業はトップダウンなので決断が速い」と分析

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!