“賭け”に踏み切ったサントリー ビーム社買収の「英断」 (4/4ページ)

2014.2.2 07:00

 英調査会社IWSRによると世界の蒸留酒市場の規模は2012年に1711億ドル(約17兆5000億円)と2年連続で6%伸び、今後も新興国の所得水準向上などに伴って拡大が見込まれる。ビーム社買収に成功したサントリーは、目標に掲げてきたグループ売上高2兆円、海外比率25%を達成する見通しで、成長の軸足を世界市場へと移す。

 ただ、巨額の買収費用は経営に重くのしかかる。今回の買収で、有利子負債は1兆4000億円に膨らむ見込み。ムーディーズ・ジャパンや日本格付研究所(JCR)が、サントリーHDの格付け引き上げに動いており、新たな大型買収は当面難しい状況だ。

 佐治社長は昨年の決算会見で「1~2年以内の引退」を示唆しており、ビーム社買収を花道にトップ交代もささやかれる。今回の買収が「英断」となるかは、狙い通りの相乗効果を上げ、収益率を高められるかにかかっている。(山沢義徳)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。