予想外…グーグル無料バスに“規制策” 停留所に停車するごとに1ドル徴収 (4/5ページ)

2014.2.2 12:02

目抜き通りを走るサンフランシスコ名物のケーブルカー=2012年12月

目抜き通りを走るサンフランシスコ名物のケーブルカー=2012年12月【拡大】

  • 社員用の無料シャトルバスが地元、サンフランシスコ市で批判を浴びたグーグルが、新たに試験運行を始めた社員の通勤用の無料フェリー(双胴船)「トライアンファント(意気揚々)号」
  • サンフランシスコの目抜き通りには、ユニクロやH&Mなどファストファッションの路面店が立ち並ぶ=2012年12月
  • サンフランシスコといえば、ゴールデンゲートブリッジ

 この“規制策”の概要は先月6日に発表されましたが、エド・リー市長は声明文で「わが市は信頼性と安全性、そして手頃なワールドクラスの交通システムを必要としている。無料バスを運行する企業からの手数料は、交通渋滞や市の公共交通システムの遅延を防ぐだろう」と強い期待感を示しました。

 ちなみに今回の“規制策”では、こうした無料バスが原因といわれる渋滞緩和のため、無料バスは市交通局管轄のバス停2500カ所のうち、200カ所が使えるようになります。また各社から徴収した手数料は、このプログラムにかかる経費や既存のバス停の整備などに充てるといいます。

 一方、ボロクソに非難されているグーグルですが、この一件に関しては反論するどころか「最初の良き1歩だ」と“規制案”に歓迎するコメントを発表するなど、市側に全面協力する姿勢を示しました。グーグルにとっては年間10万ドルなんて鼻クソみたいな金額ですからね。

 とはいえグーグルでは、昨2013年12月、無料バスに対する抗議活動が行われたミッション地区などの無料バスの周辺に複数の私服のセキュリティーを配備するなど対応に追われていますが、“規制案”で地元住民との対立が収まるとは思っていないようです。

今度は社員の通勤用としてフェリーの運行を開始

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。