予想外…グーグル無料バスに“規制策” 停留所に停車するごとに1ドル徴収 (5/5ページ)

2014.2.2 12:02

目抜き通りを走るサンフランシスコ名物のケーブルカー=2012年12月

目抜き通りを走るサンフランシスコ名物のケーブルカー=2012年12月【拡大】

  • 社員用の無料シャトルバスが地元、サンフランシスコ市で批判を浴びたグーグルが、新たに試験運行を始めた社員の通勤用の無料フェリー(双胴船)「トライアンファント(意気揚々)号」
  • サンフランシスコの目抜き通りには、ユニクロやH&Mなどファストファッションの路面店が立ち並ぶ=2012年12月
  • サンフランシスコといえば、ゴールデンゲートブリッジ

 その証拠に、今年1月9日付米金融経済通信社ブルームバーグが地元テレビ局KPIX5のニュースを引用して報じていますが、今度は社員の通勤用としてフェリー(双胴船)の運行を始めたのです。

 とりあえず1カ月の試験運用で、物流関係の多国籍企業と契約。運行は出勤時の朝と帰宅時の夕方各2便(計4便)。149人乗りで、有名な観光地フィッシャーマンズワーフのすぐ近くにあるフェリービルディングから、オラクルの本社があることで知られるシリコンバレーのレッドウッドシティまで、片道約47分で航行します。

 この件に関し、グーグルはブルームバーグに「われわれはサンフランシスコ市民にいかなる迷惑もかけたくない。そして社員の通勤に関し(無料バスとは)別の方法を試している」と答えました。

 “人間の行動はすべて数値化できる”と豪語し、世界中の人々の膨大な検索データなどを蓄積・分析し続けるグーグル。最近はその思想にかぶれて、やたら“ビッグデータ”とわめく輩がおりますが、当のグーグルが、京都では商売人が必ず口にする“地元住民に愛されない企業は決して成功しない”という古くさいながらも決して揺るがない商売の鉄則に立ち返ろうとしていることに、われわれはもっと注目すべきだと思います。(岡田敏一)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。