ホンダが若者向け原付スクーター「Dunk」 12年ぶり新型発売

2014.2.3 16:45

 ホンダは3日、新型原付スクーター「Dunk(ダンク)」を20日に発売すると発表した。50ccスクーターの新型モデルは2002年以来12年ぶり。男子高校生など若者層をターゲットに、力強く環境性能に優れた新開発エンジンをアピールし、低迷する原付1種市場の活性化を狙っている。

 新開発エンジンは排気量50ccのサイズで初めてアイドリングストップシステムを標準装備。市街地を想定した燃費性能は1リットル当たり56.6キロと従来の原付スクーターより10%向上した。

 原付1種の国内新車出荷台数は、メインユーザーである若者のバイク離れで2013年には約23万9千台と10年前と比べ5割以上落ち込んでいる。ホンダ二輪事業本部長の青山真二取締役は3日の発表会で「若い人達に選んでもらえるよう、好みや使い勝手を入念にリサーチした」と市場の再活性化に意欲を示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。