ソニー、最終赤字1100億円 PC売却などリストラ加速 (1/2ページ)

2014.2.7 06:00

 ソニーは6日、2014年3月期の連結業績予想を下方修正し、最終損益を従来の300億円の黒字から1100億円の赤字(前期は430億円の黒字)に引き下げた。14年7月をめどに不振のテレビ事業を分社化。パソコン事業は投資ファンドの日本産業パートナーズに売却する。また14年度末までに国内1500人、海外3500人の計5000人を削減する。

 最終赤字となれば2年ぶり。スマートフォン(高機能携帯電話)の販売不振に加え、追加のリストラ費用がかさんだ。大手電機各社が相次いで好決算を発表する中で、ソニーの苦境が浮き彫りになった。

 テレビ事業は10年連続の赤字が見込まれており、分社化で市場環境に対応する迅速な経営と一層のコスト削減を目指す。

 「VAIO(バイオ)」ブランドのパソコン事業も新興国メーカーとの価格競争で苦戦が続いていた。

新会社に人員約1100人のうち250~300人を移し…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。