中高年ライダー急増、二輪復調の兆し 「若者のバイク離れに歯止めかけたい」 (3/5ページ)

2014.2.8 08:33

 一方、50cc超の減少は底を打ったとみられている。13年の販売台数は原付2種(51~125cc)、軽二輪(126~250cc)、小型二輪(251cc~)の全クラスで前年水準を上回った。中でも軽二輪のスポーツバイクは好調が目立つ。

 250cc前後のクラスは日本や欧米などの先進国では「入門車」、新興国では「高級車」として堅調な需要が見込める。二輪各社はタイなど新興国の工場で部品の現地調達率を高め、製造コストを抑えた新モデルをこのクラスで相次いで開発した。

 08年に発売され昨年2月に全面改良された川崎重工業「Ninja250」、11年に発売したホンダ「CBR250R」、12年発売のスズキ「GSR250」など、各社が投入した世界戦略車でユーザーの選択肢が増え、結果として国内需要が喚起された形だ。ヤマハ発動機も早ければ年内に250ccのスポーツバイク「R25」を投入する。

「バイクを楽しんだ人たちが子育てを終えて戻ってきた」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。