農家向けEV拡大の兆し 伸び悩む市場全体の底上げなるか (3/4ページ)

2014.2.14 05:00

超小型電気自動車(マイクロEV)の年間販売予測

超小型電気自動車(マイクロEV)の年間販売予測【拡大】

 都市への拡大期待

 次世代自動車振興センターの調べによると、EV全体の市場規模は2006年度の505台から12年度には3万8707台に増加した。今年は海外メーカーの日本市場参入が本格化し、経済産業省が充電器設置を加速する計画だ。

 ただ、仏ルノー分を合わせて16年度までに世界で150万台を目指している日産のEV「リーフ」の国内累計販売台数が3万台程度にとどまるなど市場の成長ペースは鈍い。こうした中、急成長する農家向けEVの可能性に専門家も注目している。

 エレクトリフィケーションコンサルティングの和田憲一郎代表は「農家でEVのムーブメントが起こり、畑などの空きスペースに小型の充電設備が増えることで、結果的に都市部から郊外への移動も増え、面での広がりも期待できる」と話した。(那須慎一)

【用語解説】超小型電気自動車(マイクロEV)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。