【茨城発 元気印】コルカリーノ 紅茶・みそ味…かりんとうに独自色 (4/4ページ)

2014.2.20 05:00

かりんとうを揚げる染谷清賢社長。かりんとう作りのほとんどは手作業だ=茨城県牛久市

かりんとうを揚げる染谷清賢社長。かりんとう作りのほとんどは手作業だ=茨城県牛久市【拡大】

  • 味付けしたかりんとうは冷却器の上に乗せ、冷ましながら人の手で丁寧に選別する=茨城県牛久市
  • 観光庁の世界にも通用する究極のお土産にノミネートされた「いしにえ味噌かりんとう」

 --今後の展開は

 「3月に常磐自動車道の守谷サービスエリアがリニューアルオープンするので、そこに商品を並べる。それを機に、大洗や袋田の滝など茨城県内の観光地でも販売したい。自社製品だけでなく、他社とのコラボレーションやプロデュース商品の開発もあっていいと思う」

                   ◇

【プロフィル】染谷清賢

 そめや・きよたか 千葉県内の珈琲店店長、茨城県美浦村の米菓メーカーの工場長などを経て、2010年5月に前身となる「かりんとう本舗」を立ち上げた。2年後に法人化し、「コルカリーノ」を設立。52歳。千葉県出身。

                   ◇

 ≪イチ押し!≫

 ■「究極のお土産」にノミネート

 牛久市内のみそ店の創業者が約20年前に仕込んだという漆黒のみそを使い、2013年3月に完成させたのが「いにしえ味噌かりんとう」。観光庁が昨年初めて開催した土産物のコンテスト「世界にも通用する究極のお土産」にノミネートされた商品だ。

 長期熟成されたみその濃厚な風味に、かりんとうのほど良い甘さがマッチ。口の中に深い味わいが残る。つまみやすく、食べやすい形はコルカリーノのオリジナルだという。

 顧客だった、みそ店の経営者の家族から「店の50周年を機に一度も開けたことのないみそ樽(だる)を開けたら、傷みのない黒いみそが出てきた。これでかりんとうを作れないか」と相談を受け、商品化を引き受けた。染谷清賢社長は「観光振興や市の活性化につなげたい」と期待している。1箱45グラム入り、420円。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!