サントリー、大半は10円転嫁 自販機飲料の消費増税対応、「天然水」は据え置き

2014.3.3 14:49

 清涼飲料大手のサントリー食品インターナショナルは3日、消費税率引き上げに伴う自動販売機の価格設定について、大半の商品で10円引き上げと発表した。容量の増減とも組み合わせて、全体で約3%分を転嫁する。

 メーカー出荷価格は全商品で8%の消費税を転嫁。自販機の運営事業者や設置先に「推奨」する形で実施する。

 自販機価格は、「BOSS」など缶入りのコーヒーや清涼飲料水はほとんどを10円上げとする。

 550ミリリットル入りの「サントリー天然水」は110円で据え置く。一方、緑茶飲料「伊右衛門」や「サントリーウーロン茶」は現行の500ミリリットル入り製品を10円引き上げ160円とするが、同時に65ミリリットル少ない435ミリリットル入り製品も追加発売し、140円での販売を推奨する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!