「あべのハルカス」グランドオープン 思いは一つ「阿倍野に活気を」 (1/3ページ)

2014.3.7 11:15

 「阿倍野がキタやミナミに並ぶ大阪の拠点になってほしい」。7日、グランドオープンを迎えた「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)には、地元住民たちからも大きな期待が注がれている。完成までの間、連日写真を撮り続けた少年。新メニューを考案する商店主…。大阪の新名所と期待される高さ300メートルの日本一の高層ビルの誕生におひざ元も沸いている。

 残り100日を皆勤

 同市阿倍野区内に住む多田晃佑(こうすけ)さん(18)は、開業100日前からオープンまでの間、ハルカスの姿を毎日写真に収めてきた。「毎日ハルカスを撮ることで全面開業への興奮が高まった」と話す。

 地元に日本一の建物ができると知り「何か記念に残したい」と思い立ち、ビル壁面に表示される開業までのカウントダウン日数を入れて撮影を続けたという。

 高校から帰宅すると、カメラと三脚を持って撮影スポットの天王寺公園(同市天王寺区)へ。雨の日も雪の日も足を運び、長い日は1日3時間ファインダーをのぞいた。

「100日間で同じ日はなく、それぞれ違った姿が見られた」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。