【底流】「東の雄」三越伊勢丹の誤算 事実上の大阪撤退…そのワケは? (1/4ページ)

2014.3.10 07:00

記者会見する三越伊勢丹ホールディングス(左)とJR西日本の幹部。JR大阪三越伊勢丹は3年足らずで事実上撤退する(コラージュ)

記者会見する三越伊勢丹ホールディングス(左)とJR西日本の幹部。JR大阪三越伊勢丹は3年足らずで事実上撤退する(コラージュ)【拡大】

 経営不振に陥っていたJR大阪駅ビルの「JR大阪三越伊勢丹」(大阪市北区)が、大幅に売り場を縮小して、来年春に店構えを抜本的に変える。高級な衣服から宝飾までそろえる百貨店業態からは事実上、撤退となる。東京を主要拠点とし、百貨店の「東の雄」に位置する三越伊勢丹ホールディングス(HD)の看板は、大阪では通じなかった。平成23年5月の開業から3年足らず。誤算の背景には、何があったのか-。

 後発生かせず

 「取引先との関係が、うまくいかなかった…」

 不振の理由について、JR大阪三越伊勢丹をJR西日本と共同運営する三越伊勢丹HDの杉江俊彦取締役はこう語る。関西で強いブランド力を持つ阪急百貨店梅田本店と阪神百貨店梅田本店、大丸梅田店がしのぎを削り、百貨店激戦区とされる大阪駅周辺に、JR大阪三越伊勢丹は最後発として参戦した。

 伊勢丹新宿本店(東京都新宿区)や三越銀座店(同中央区)のような“地域一番店”の看板がある首都圏とは異なり、後発のJR大阪三越伊勢丹は、独自性アパレルを中心に有力ブランドを扱う企業を引き付けられず、それが最大の敗因となった。

「王者の東京と同じ交渉をしていては、大阪でうまくいくはずがなかった」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。