「クロームブック」でMSの牙城崩す 教育機関や企業に導入機運 (2/2ページ)

2014.3.8 08:11

 ただ、グーグルがオンラインで提供するソフトで十分という見方も徐々に広がっている。

 端末価格の安さに加え、起動時にOSが自動的に更新されるため管理する手間も省けるメリットもあり、米では企業の利用も目立つ。日本でも教育機関などで導入機運が出ている。

 パソコンメーカーはこれまでMSと商品開発などで「蜜月(みつげつ)」関係にあったが、米国での人気上昇など環境変化を受け、クロームブック事業の拡大を模索。日本市場についても東芝のほか、米デルが「市場環境を見極めている」と発売を検討する。

 情報通信総合研究所の佐藤仁副主任研究員は「MSの1強が20年近く続き、メーカーも新たなOSを求めている」と指摘。スマートフォン(高機能携帯電話)向けOSの「アンドロイド」に続き、パソコンOSでもグーグルの勢いが加速しそうだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。