GM、中国などで新車投入加速 バーラCEO「品質管理を徹底」 (1/2ページ)

2014.3.14 05:56

 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は13日までにフジサンケイビジネスアイの書面インタビューに応じ、成長が続く中国を含め世界で新車投入を加速する方針を示した。一方で乗用車の大量リコール(回収・無償修理)問題を受け、品質管理の強化に取り組む姿勢も強調した。

 バーラ氏は、2009年の経営破綻から販売が復調し、「財務も強固になった」と強調。好調な米国に加え、中国では組立工場の新設を進め今年19車種を投入してシェア拡大を図るなど、「世界中で新車投入を続ける」とし、世界の需要増に対応して資本投資と調査開発で毎年約150億ドル(約1兆5400億円)を投じる計画を表明した。

 ただ、GMは2月に03~07年型の一部車種で約162万台をリコールしたばかり。当局や議会が調査に乗り出すなど波紋が広がる中、バーラ氏は「新車は欠陥がないことが重要だ」と指摘し、品質管理を徹底するとした。

GMは新たな提携相手を模索中「常にオープン」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。