思い切ってたっぷり昼寝…その効果は? ITベンチャーの「シエスタ制度」 (1/4ページ)

2014.3.16 12:06

シエスタの時間帯にオフィスで仮眠をとるヒューゴの従業員ら(同社提供)

シエスタの時間帯にオフィスで仮眠をとるヒューゴの従業員ら(同社提供)【拡大】

 従業員らに3時間の昼休みを与え、仮眠を推奨する「シエスタ」制度を持つ中小企業が大阪にある。今年で創業10周年を迎えるIT(情報技術)ベンチャーのヒューゴ(大阪市)。日本企業では珍しいこの制度を、同社は平成19年に会社制度として導入した。なんともうらやましいが、日本のビジネス社会にあって仕事に支障は出ないのか。さまざまな疑問を胸に、シエスタ導入の理由をたずねた。

 ただいま「休憩中」

 「当社はただいま、シエスタ中です。ご連絡は午後4時以降にお願いします」

 平日の午後1~4時、同社に電話すると受話器からこんなアナウンスが聞こえる。この時間帯は、ほぼ連絡が取れない状況が続くのだ。

 「よく仕事に支障があるのでは、と聞かれますが、あまりデメリットを感じたことはないですよ」

 創業者でシエスタ制度導入を決めた中田大輔社長(34)はこう語る。「少人数の環境下で、仕事の効率化、生産性を高めるのが最大の目的」といい、むしろメリットが多いと説明する。

プログラミング作業など、仕事によっては集中力が長時間続かない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。