ガンダム35周年 関連事業に注力 バンダイナムコなど

2014.3.21 06:22

 バンダイナムコホールディングス、創通、サンライズは20日、「機動戦士ガンダム」のテレビアニメ放映開始35周年プロジェクトを開始すると発表した。新たな映像作品を制作、公開するほか、東京、大阪でガンダム展を開催する。

 映像作品は3作を予定しており、イベントでの公開や、DVDなどでのパッケージ販売、インターネットを活用した有料配信を行う。さらに関連グッズなどの販売も予定している。

 また、現在、東京・台場に設置している高さ18メートルの原寸大のガンダム像に続き、40周年に向けて、新たにキャラクターの原寸大像をつくる計画も明らかにした。

 バンダイナムコの石川祝男社長は、今期のガンダム関連の売上高が「700億円規模になっており、大きなウエートを占める」と語り、ガンダム関連事業の強化を図る方針を説明した。

 プロジェクト開始を記念して、東京・台場で、原寸大のガンダム像を背景にし、音や映像を活用する「プロジェクションマッピング」を23日まで実施する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。