伊藤園が「茶殻リサイクルシステム」開発 カテキンの消臭、抗菌特性活用 (2/3ページ)

2014.3.24 05:00

最初に商品化された畳(右)を手にする開発一部の佐藤崇紀氏

最初に商品化された畳(右)を手にする開発一部の佐藤崇紀氏【拡大】

 「最初は乾燥させたり、活性炭に利用できないかと考えていた」と佐藤氏は振り返る。確かに乾燥機を使えば、簡単に乾燥、炭化できるが、水分が85~95%という茶殻を乾燥させるには「重油やガスを大量に使う。これがリサイクルや環境に貢献するのか」と疑問に感じ、水分が残ったままでの再利用方法を探ることになった。

 そうしたとき、祖母が自宅で、水気を絞った茶殻を畳の上にまき掃いて掃除をしていた記憶がよみがえった。そこで畳に使えないかと調べ、畳の芯材に茶殻を入れることを思いつく。研究室では何とかうまくいき、建材ボードメーカーに試作を依頼。ダンプカー1台分の茶殻を工場に送った。だが工場の担当者から翌日、猛烈な抗議を受けた。慌てて工場に向かった佐藤氏が目にしたのは、工場の隅に置かれた雪山のような白い小山。水分が多い茶殻から一気にカビが生え異臭を放っており、試作は断念せざるを得なかった。

 そこで乾かさず、しかも腐らずに茶殻をリサイクルするシステムを模索し、試行錯誤を繰り返し約半年後に確立した。冷凍でも薬品投入でもなく、独自開発の容器によって腐らずに茶殻を運べるようにした。このシステムの肝といえる技術は、特許を申請していない「秘中の秘」。テレビ番組で取材を受けた際も「モザイクをかけてもらった」ほどだ。

異業種と連携してカテキン機能を生かした製品の企画が広がった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!