日本の労働者は疲労感を感じながら就業62%の日本の労働者は仕事に向かうための十分なエネルギーが足りないと感じている

2014.3.26 11:18

日本の労働者は疲労感を感じながら就業

日本の労働者は疲労感を感じながら就業【拡大】

  • 働く人の心身の健康維持は、雇用主ではなく個人の責任である(世界・日本の比較)
  • ワークライフバランスが最も大切である(世界・日本の比較)
  • わたしの会社は、自己都合での休暇に理解がある(世界・日本男女比較)

ランスタッドは、労働者の意識を調査する「ランスタッド・ワークモニター2014年第1四半期」の調査結果を発表しました。「ランスタッド・ワークモニター」は年4回、18~65歳の週24時間以上働く方を対象に実施される調査で、世界33か国で実施されています。今回の調査では、日本の労働者が日々仕事に向かうための十分なエネルギー不足を感じていることが明らかになりました。

ランスタッド・ワークモニター 労働意識調査=====================================

2014第1四半期 日本の特筆事項
○ 日々の仕事に向かうエネルギーの不足を感じている層が全体の62%。
  特に日本の35歳以上の家事や介護を担う世代、女性がエネルギーの不足感が高い傾向
○ 56%が働く人の心身の健康の維持は雇用主の責任と回答、世界平均は12%と大きな差
○ 健康的なライフスタイルの為には、ワークライフバランスが最も大切とする層が81%

調査結果 概要===================================================

○ 日々の仕事に向かうエネルギーの不足を感じている層が全体の62%
調査の結果、「仕事をするエネルギーの不足」を感じている層が日本では全体の62%と、グローバル平均の17%を大きく上回った。中でも働き盛りでありながら、家庭では家事や介護を担う35歳以上の世代、また女性でその傾向が強いことが確認された。

○ 56%が働く人の心身の健康維持は雇用主の責任と回答、世界平均は12%と大きな差
また日本国内では、就業の前提条件となる、働く人の心身の健康維持は雇用主の責任と考える回答が、全体の56%を占めた。西欧、北米では「個人の責任」が主流であり、世界平均の12%と、日本の回答結果と大きな差がみられた。国内では、社会保険・年金制度、健康診断受診制度など、働く人の健康を促進する施策が雇用主の役割として広く認識されていることが確認された。

○ 健康的なライフスタイルの為には、ワークライフバランスが最も大切とする層が81%
ワークライフバランスが健康的なライフスタイルの為に最も大切とする層は、グローバル平均も9割超、国内では81%と関心の高さを見せる。一方で、「自己都合で会社を休むことに対して、会社から理解を得られない」との回答が、世界平均では14%、国内では2割に迫る結果であった。男女別に分析をすると、グローバルでは女性の方が4ポイントほどより「理解を得にくい」と回答したが、日本では逆に男性が4ポイント高い結果を見せた。

ランスタッド株式会社 代表締役会長兼CEO マルセル・ウィガースのコメント======================

今回の調査からは、日本のワークライフバランスの課題と改善点が改めて再確認される結果となった。多くの働く人が、健康的なライフスタイルの実現にはワークライフバランスを重要視しているが、現実的には勤務先からの理解が得られず、疲労感を抱えながら働いていることがわかった。景気が上向くにつれ、雇用主は賃金などのハード面の待遇を改善するとともに、従業員が健全なワークライフバランスを実現し、高い意欲をもって勤務をできる環境整備にも配慮をする必要があるのではないか。

ランスタッド・ワークモニターについて========================================

ランスタッド・ワークモニターは、2003年ランスタッドの本社のあるオランダでスタートし、現在は欧州、アジアパシフィック、アメリカ大陸の世界33の国と地域で行われています。ワークモニターは年4回実施され、労働市場の動向に関するグローバルトレンドを調査しています。本調査はオンライン上で行われ、18-65歳の週24時間以上の勤務をする労働者を対象にしています(自営業を除く)。今回の調査は、世界236,233名を対象に実施され、日本の有効回答数は6,883名、調査期間は2014年1月13日~1月30日でした。
調査実施国:アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、中国、チェコ、 デンマーク、フランス、ドイツ、ギリシャ、香港、ハンガリー、インド、イタリア、日本、ルクセンブルク、マレーシア、メキシコ、  オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、シンガポール、スロバキア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、 イギリス、アメリカ、以上33の国と地域

※各データの詳細及び調査報告書をご希望の方は、広報担当までお問い合わせください。

ランスタッド 会社概要===============================================

ランスタッド株式会社は、1960年オランダで創業された世界第2位の総合人材サービス、ランスタッド・ホールディング・エヌ・ヴィーの日本法人です。人材派遣、人材紹介、アウトソーシング、人事サービスの4つのサービスを中心に現在全国78拠点で展開しています。

〇ランスタッド株式会社 会社概要
[社名] ランスタッド株式会社
[設立] 1980年8月
[代表] 代表取締役会長兼CEO マルセル・ウィガース
代表取締役社長兼COO 井上守
[所在地] 東京都千代田区紀尾井町4-1ニューオータニガーデンコート21F
[拠 点 数] 全国78拠点
[TEL] 03-5275-1871(代)
[資本金] 1億円
[事業内容] 人材派遣サービス/紹介予定派遣サービス/人材紹介サービス/
再就職支援サービス/アウトソーシング事業
[URL] http://www.randstad.co.jp/

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!