「消費増税乗り切れ」百貨店各社が相次ぎ福袋 ダイヤ詰め合わせ5億円も

2014.3.27 18:02

西武池袋本店では4月1日から販売する福袋の袋詰め作業が始まった=27日、東京都豊島区

西武池袋本店では4月1日から販売する福袋の袋詰め作業が始まった=27日、東京都豊島区【拡大】

  • 小田急百貨店新宿店は増税前最後の今月31日に紳士スーツ5着を入れた福袋を売り出す=東京都新宿区(松岡朋枝撮影)

 消費税率引き上げを前に百貨店の店頭で季節外れの福袋が登場している。増税前の駆け込み需要狙いや4月以降の反動減対策など各社の思惑は異なるが、“縁起物”の福袋で増税を乗り切る構え。

 西武池袋本店(東京都豊島区)では27日、4月1日に発売する「春の福袋」の袋詰め作業が始まった。紳士シャツ7枚(5万円相当)の福袋(1万800円)など250種1万点を用意。担当者は「来店してもらい、増税後の消費意欲を刺激する」と意気込む。

 31日に紳士服の福袋を販売する小田急百貨店新宿店(同新宿区)は「(福袋の)わかりやすさを前面にまとめ買いを促す」作戦だ。目玉のスーツ5着セット(限定10個)は半額程度の4万2千円で提供する。

 12日から福袋を販売している大丸東京店(同千代田区)と松坂屋上野店(同台東区)では26日にダイヤモンド製品を詰め合わせた5億円の福袋も登場。高額品も最後の駆け込みを促す。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!