シャープ創業102年目で入社式初公開 「変わる意志」を内外アピール (1/2ページ)

2014.4.3 13:00

入社式で気勢を上げるシャープの役員と新入社員ら=1日、大阪市阿倍野区のシャープ本社

入社式で気勢を上げるシャープの役員と新入社員ら=1日、大阪市阿倍野区のシャープ本社【拡大】

  • 初めて報道陣に公開されたシャープの入社式=1日、大阪市阿倍野区のシャープ本社
  • 入社式で新入社員と懇談する水嶋繁光副社長(右)。会場では、役員8人が入社時の思い出などを語っていた=1日、大阪市阿倍野区のシャープ本社(織田淳嗣撮影)

 経営再建中のシャープが変わろうとしている。新年度に入り主要企業が一斉に入社式を開くなか、創業102年目を迎えた歴史で初めて入社式を報道関係者に公開した。これまでは、あくまで社内行事として公開を控えてきたが「会社が変わる意志を社外に発信する」(高橋興三社長)場に位置付けた。開かれた入社式は組織・意識改革を進めるシャープの今の姿を映し出していた。(織田淳嗣)

 「まず最初に、社長の高橋さんです」

 1日、大阪市阿倍野区で開かれた式典では、役員9人が役職ではなく「◯◯さん」と呼ばれ、順番にあいさつした。

 同社は昨年から、社員同士は相手を「さん付け」で呼称する運動を推進している。背景には、経営陣や上司の判断に「ノー」と言えない社内の雰囲気のため、経営危機を招いた巨額投資を止めることができなかったとの反省がある。現場の声を組織の「上」に直言できる風通しの良い社風を目指すのが目的だ。

 初めてトップとして式に臨んだ高橋興三社長は「まだまだ安心できないが、今年は再成長の軌道に乗る年になる」と訴えた。

「新入社員に社長として素の姿を見せたかった」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!