【駒井研司が聞く プロの自己管理術】クオンティファイド・セルフ(上) (1/2ページ)

2014.4.7 05:00

日本で活動するQSの団体QSTokyoを設立した山中仁氏の講演=3月25日、東京・銀座

日本で活動するQSの団体QSTokyoを設立した山中仁氏の講演=3月25日、東京・銀座【拡大】

 ■機器活用し自分の状態を客観視

 「クオンティファイド・セルフ」(QS)と呼ばれる取り組みが、少しずつ広がっている。3月25日、東京・銀座のアップルストアで行われたQSのイベントで講演者の話を聞いた。

 「目的は個々人が幸せになること。そのためにテクノロジーを利用したり、誰かとコラボレートしたり、『そもそも自分にとっての幸せとは何だろう?』と考えてみたりする。これがクオンティファイド・セルフの本質です」

 日本で活動する団体「QSTokyo」創始者の一人、山中仁氏はこう話す。シリコンバレーを拠点に活動するソフトウエア技術者。さまざまな開発を行うかたわら米国のQS団体に参加。「日本でも」という要望を受け、仲間とともに2012年にQSTokyoを設立した。「クオンティティ」は「量」という意味。QSでは血圧や歩数、睡眠時間などの数字を活用する。ただ、数字だけにこだわるわけではないという。

 「例えば自分の気分を定期的に記録する。5段階評価などとしても良いが絵や色で表わす方法もある。重要なのは何かを思い付き、やってみて、結果を客観視し、自分のために生かすこと。そして、楽しむこと。やり方や対象は何でも構いません」

 過去のイベントでも食事や時間の使い方のほか、何日間も機器を身に付けてブルーライトを浴びた量を計測した話など、さまざまな発表があった。

 「QSイベントの基本は、体験の共有です。参加者が自分の取り組みや成果を発表する。それに対して誰かが質問したり、意見を言って議論する。その内容を参考に、各自の取り組みを改善していきます」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!