大手の半分以下、ビックカメラも低額スマホ 月2830円から

2014.4.18 12:36

 家電量販大手のビックカメラは18日、端末込みの税抜き月額使用料が2830円からと、大手携帯電話会社の半分以下に抑えた格安のスマートフォン(高機能携帯電話)の販売を始めた。1000セットの限定販売で、ビックカメラとグループのコジマ2店舗で取り扱う。

 中堅の通信機器関連メーカーのコヴィア製のスマホ「FleaPhone」で、月間1ギガバイトのデータ通信が利用できる。ただ、最大通信速度は毎秒14・4メガビットと、携帯電話大手の10分の1程度となっている。

 このほか月額2580円のタブレットパソコンや同3580円の6インチ大画面スマホなども取り扱う。

 格安スマホは、イオンが月2980円で今月から8000台限定で販売を始めており、今後広がりをみせることになりそうだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。