北海道新幹線はE5系がベース 仮称新函館の駅名は夏までに決定 (1/2ページ)

2014.4.19 07:50

北海道新幹線の車両デザインが決まり紹介する島田社長=JR北海道本社

北海道新幹線の車両デザインが決まり紹介する島田社長=JR北海道本社【拡大】

 JR北海道は2016年3月に開業する北海道新幹線の車両に、JR東日本のE5系をベースにしたH5系を4編成(40車両)を製作する。

 北海道新幹線の車両H5系の車両デザインは、先頭形状を含む車体形状はE5系と同じ。また、色構成も東北新幹線と共通したイメージで基本的にE5系がベース。上部が常磐グリーン、下部が飛雲ホワイト、車体中央部の帯は彩香パープルを採用した。内装デザインは、北東北より北海道に広がる豊かな自然や文化などのイメージを抽象化。グランクラスは大柄の青色のジュウタンを取り入れ沿線に広がる湖沼の水面を表現。グリーン車は流氷の海明けをヒントにデザインしたカーペットにクリーム色の壁。普通車は壁や天井の一部は木目に、また雪の結晶をモチーフにした模様を通路部に配した。

 北海道新幹線は最高速度320キロだが、盛岡以北は260キロ、在来線の共用走行部(青函トンネルなど)は140キロの走行となる。そのために東京~新函館間(仮称)は約4時間10分を見込んでいる。

「仮称新函館の駅名は、遅くても今夏までに決めたい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。