教育プログラム、園児向けに開発 スマートエデュケーション

2014.4.29 05:50

 スマートエデュケーション(東京都品川区)は、幼稚園児や保育園児を対象に、知育アプリやタブレット端末を使った教育プログラムを開発した。このほど東京都福生市の聖愛幼稚園など3施設に、教育プログラムが入った計70台のタブレット端末「iPad(アイパッド)」を配布した。情報化社会における学習環境について研究を行うNPO(非営利団体)のエデューステクノロジーズと効果を検証した後、来年度からは国内の幼稚園や保育園に有料で提供していく予定だ。

 「こどもモード KitS(キッツ)」と名づけた教育プログラムは、子供の創造力やチームワーク、IT活用力を育てることを目指して開発。たとえば社会学習アプリ「みんなで つなげっと」を使い、園児らが3~5人で相談しながら悩みがある人と、それを解決できる人とをつなぐことで、社会の仕組みを学べるほか、チームによる課題解決力を養える。

 同社は2011年6月設立で日本の歌や絵本を題材にしたアプリ「こどもモード」を展開。昨年11月には言語に関係なく楽しめる新ブランド「Gocco(ゴッコ)」を立ち上げ、両者合計で累計800万本以上のアプリがダウンロードされている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。