再起動繰り返し「メモリ破壊」 改造アプリでスマホに感染 (1/2ページ)

2014.5.4 07:10

スマホを襲う恐れのあるウイルス

スマホを襲う恐れのあるウイルス【拡大】

 スマートフォン(高機能携帯電話)向けに販売されているゲームなどアプリ(応用ソフト)を一部改造するだけで、ウイルスに変化させられることが分かった。感染すると再起動を繰り返し、操作できなくなる「メモリ破壊」に至る。専門知識があれば比較的簡単にできるといい、犯罪に利用されかねない。関係者は正規のアプリ販売ルート以外は使わないように呼びかけている。

 危険性があるのは、年間出荷台数で国内シェア1位のOS(基本ソフト)「アンドロイド」搭載のスマホ。ウイルス対策ソフトを開発・販売するトレンドマイクロ(東京)が実験で確認した。

 トレンド社が、アプリの製造番号を通常の数十文字から38万7千文字以上に書き換えてスマホにダウンロードしたところ、再起動を繰り返した。OSを初期化すると収まったが、画像や住所録など保存していたデータは全て消えたという。

一方でウイルス感染したスマホのOS初期化は…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。