三菱商事、全社員に一時金で商品券支給 業績好調を反映 (1/2ページ)

2014.5.9 06:00

 三菱商事は8日、好調な業績や安倍晋三政権の産業界への賃上げ要請を踏まえ、派遣社員も含めた全社員7700人に一時金として商品券を7月1日に支給すると発表した。役員と社員6400人は一律10万円、派遣社員らは同5万円。大手商社の給与体系は業績連動を基本としているため、一時金で社員に報いる。

 同日発表した2014年3月期連結決算(米国会計基準)の最終利益は前年比23.5%増の4447億円。アジアの自動車関連事業や化学品などが好調で、円安効果も利益を押し上げた。売上高は8.6%増の21兆9501億円。

 東京都内で会見した小林健社長は、日本経済について「消費はなだらかな上昇傾向にあり、増税は乗り切れそうだ」とした上で、一時金を商品券で支給する理由について「消費拡大に貢献したい」と説明した。

14年度に60周年を迎える記念の意味

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。