JR北海道、快速エアポートに733系車両導入へ 「赤い車両」は姿消す (1/2ページ)

2014.5.14 18:30

快速エアポートの721系

快速エアポートの721系【拡大】

 JR北海道は14日、小樽・札幌と新千歳空港を結ぶ快速エアポートについて、733系リニューアル車両を7月から順次導入すると発表した。

 新型車両は普通席を通勤列車のようなロングシートにし、朝夕の混雑軽減につなげるという。これに伴って「赤い車両」で知られる711系は今年度末までに全車両、姿を消すことになった。

 同社によると、現在運行している721系に比べて定員が1割増となり、6両編成で762人に拡充する。これまでと同様に指定席「uシート車」も導入する。

 JR北海道の島田修社長は「快速エアポートは大きな荷物を置きにくいとか、通路が狭いなどの意見があった」と導入理由を説明した。

老朽化した711系(42両)は今年度末までに全車営業運転を終了へ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。