イオン、食品スーパー3社統合の背景 人口減少と高齢化に危機感 (1/2ページ)

2014.5.20 07:00

 イオンにとって基盤が弱い首都圏の事業強化は国内事業の最大の課題。今回の食品スーパー3社を統合する「首都圏SM連合」は、これに対応したものだ。だが、その先に見据えるのは、傘下やそれ以外の食品スーパーのさらなる再編、統合の促進。3社統合はその第1フェーズに過ぎない。

 19日の会見で、岡田元也社長は言及を避けたが、イオンが出資する食品スーパーのベルクやいなげや、丸紅が資本提携する東武ストアなども連合に加えることが第2フェーズになるとみられる。

 各社がイオンの流通・経営インフラを活用することで「経営が効率化できれば、独立系の食品スーパーなども参加してくる」(イオン幹部)とみている。

「食品スーパーは人の口の数と胃袋の大きさで決まる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!