【講師のホンネ】櫻田毅 部下との問題意識共有が一体感生む (2/2ページ)

2014.5.21 05:00

 本来、部下に向いてほしいのは、自分の方ではなく自分が指し示した方向であるはずだ。そこへ向かって共に考え共に進んでいくために、自分がすべてを仕切ろうとして出した「正解」を共有するのではなく、自分が持っている問題意識をチームで共有する。その「問い」に対して、上司と部下が同じ仲間として向かう気持ちが広がれば、チームの一体感はおのずと生まれてくる。

                   ◇

【プロフィル】櫻田毅

 さくらだ・たけし 1957年、佐賀県生まれ。アークス&コーチング代表。潜水艦の設計技師から資産運用の世界に転じ、外資系企業の役員など30年の会社人生を送る。独立後は、講師、コーチとして年間約1500の成長支援に携わっている。若手に混じって56歳で挑戦した「全国・講師オーディション2013」では、3位入賞を果たした。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!