清涼飲料にも「年月表示」拡大 キリンとサントリー、環境負荷低減 (1/2ページ)

2014.6.4 06:10

飲料大手では一部の清涼飲料の賞味期限表示を「年月日」(右)から「年月」(左)へと切り替える

飲料大手では一部の清涼飲料の賞味期限表示を「年月日」(右)から「年月」(左)へと切り替える【拡大】

 清涼飲料大手キリンビバレッジとサントリー食品インターナショナルは3日、賞味期限が12カ月以上の製品について、期限表示を「年月日」から「年月」に切り替えると発表した。今月製造分から順次変更する。最大手の日本コカ・コーラをはじめ業界各社が準備を進めており、物流効率化による環境負荷の削減や、小売り現場での商品管理の負担軽減などが期待される。

 「年月表示」はメーカーと卸、小売り15社の協議会が検討を進め、2リットルペットボトル入りの国産ミネラルウオーターで昨年5月から実施しているが、缶コーヒーや茶飲料などの清涼飲料に対象を広げる。キリンは清涼飲料販売量の約30%、サントリーは約60%が「年月表示」となる。

 消費者の不利益を避けるため、来年6月4日が賞味期限の場合、日単位を切り捨て5月を期限として表示する。

 変更による恩恵を受けるのが「先入れ先出し」の原則で在庫を管理する卸・小売業界だ。

「年月表示に変われば、毎日行っている確認作業を減らすことが可能」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。