中小企業、中国リスク敬遠で高まるベトナムへの投資熱 (1/2ページ)

2014.6.6 21:57

日本の中小企業の進出が積極化しているベトナム=5月中旬、ホーチミン(三塚聖平撮影)

日本の中小企業の進出が積極化しているベトナム=5月中旬、ホーチミン(三塚聖平撮影)【拡大】

 中小企業によるベトナム進出が加速している。中国リスクを敬遠し、アジアの他の国に投資先を分散させる「チャイナ・プラスワン」の動きが強まる中、人件費の安さをはじめ良好な事業環境への評価が高まっているためだ。懸念された南シナ海での中国の石油掘削作業に端を発した反中デモも早期収拾し、日本の金融機関が支援体制を強化するなどベトナム進出拡大は底堅い流れとなりそうだ。

 「取引先でもベトナム進出の動きが目立ち、拠点開設への関心は強い」

 ダイカスト鋳造などを手掛ける中小企業「ナガエ」(富山県高岡市)の長柄幸隆取締役・海外事業部長はこう話す。同社は昨年3月に初の海外拠点としてベトナム現地法人を立ち上げ、今年5月上旬にホーチミン近郊のロンドウック工業団地(ドンナイ省)に建設した工場で生産を開始した。

 当初、中国やタイへの進出も検討したが、ベトナムから実習生を受け入れていることや、相対的に賃金水準が低いといった条件の良さが決め手になった。長柄氏は「ベトナムは日本に友好的で、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内でも拠点としての条件がそろっている」と強調した。

 ベトナムへの日本企業進出はここへきて急増中だ。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、平成25年の日本企業のベトナムへの投資額(新規・拡張含む)は23年に比べて約2・5倍の58億7500万ドル(約6025億円)に拡大。ホーチミン日本商工会の大林功事務局長は「昨年度の新規入会は過去最高の101社で、その大半は中小企業だった」と説明する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!