損保ジャパン・日本興亜、他業界対象の中途採用制度導入 新領域開拓狙う (1/2ページ)

2014.6.7 07:12

 9月に合併する損害保険大手の損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が、他業界の人材だけを対象とした中途採用制度を導入することが6日、分かった。

 毎年20人程度を採用する方針。損保業界では、自動車保険などの主力市場が頭打ちの状況にあり、メーカーやサービス業などで経験を積んだ「保険業界にない発想ができる人材」(採用担当者)を増やし、新たな成長分野の開拓につなげる狙いだ。

 保険以外の職務経験があり、海外勤務が可能なら年齢や国籍などは問わない。月内に募集を始める。採用担当者は「メーカーでヒット商品を開発したり、優れた販売促進や海外事業の立ち上げ実績を持つなど、保険を超えた視点を社内に持ち込んでほしい」としている。

 2社は合併して新会社「損保ジャパン日本興亜」となる。中途採用は原則的に実施してこなかったが、新会社化を機に従来の新卒主体の採用を改める。

海外市場などの新領域に活路を見いだそうとしている

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!