進まぬ水素スタンド設置 FCV普及不透明、巨額投資に及び腰 (2/3ページ)

2014.6.8 21:35

 全国で15基の設置を計画しているJX日鉱日石エネルギーの佐々木克行・水素ステーションプロジェクト室長は「まだ建設は始めていない。車が販売されるころに全ての水素ステーションを完成させることは難しい」と嘆息する。東京都や埼玉県など9カ所に設置予定の岩谷産業の担当者も「このままでは間に合わない」と打ち明ける。

 設置のための申請が複数の省庁にまたがっている点も障壁になっている。高圧ガス保安法は経済産業省が、建築基準法は国土交通省が、消防法は総務省がそれぞれ所管する。

 自動車メーカー各社は開発競争を加速させており、トヨタ自動車とホンダが27年にFCVを市場投入する計画だ。かつて1台1億円といわれていた価格も、技術の進歩と一定の量産化でようやく1千万円を切る目途が立ったためだ。

「インフラが先にないと車は走れない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。