【講師のホンネ】櫻田毅 話を聞かない部下にはアドバイスを求める (1/2ページ)

2014.6.11 05:00

 「部下が素直に話を聞かないんですよ」

 営業課長の森さん(仮称)の悩みである。彼は、部下と一緒に客先へ同行したあと、話し方や質問への受け答えについて改善点をアドバイスすることにしている。しかし、「いや、あのときは」とか「そうはいっても」など、部下からの言い訳が多いという。

 「自信過剰というか頑固というか…」

 私には森さんの部下の気持ちがよくわかる。というのは、かつての私も同じように言い訳ばかりしていたからだ。頭では自分のためになるとわかっていても、他人から改善点を指摘されることに心理的な抵抗感があった。自分を低く見られたくない、能力不足を認めたくないなどの防衛反応が働き、たとえ指摘が的を射たものであったとしても、なかなか受け入れることができなかったのである。このようなことを思いながら森さんに問いかけてみた。

 「森さん自身は部下にアドバイスを求めていますか?」一瞬、虚を突かれたような表情を浮かべてから「いや、特には…」

 かつて、私の上司が客先でプレゼンテーションをしたあと、同行した私に「俺のプレゼンで何か改善点ある?」と尋ねてきた。「いやいや、完璧なプレゼンでした。」などと言ってしまったが、「上司を育てると思って率直に言ってくれないかな」とくる。そこで、遠慮しつつも私なりに気づいた点を伝えると、「やっぱり自分では気がつかないことがあるな。ありがとう」となる。

 単なるパフォーマンスではなく、自分のためになると本気で信じているから、部下に改善点を指摘させるようなことが苦もなくできるのであろう。そのような上司の姿を目の当たりにして、私は取るに足らない自尊心のため成長の機会を逸していたことに気がついた。それ以降、「今日の私のプレゼンはどうでした?」と、今度は自分からアドバイスを求めるようになった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!