“曲がるプラズマディスプレー” 欧米投資家が篠田プラズマに援助 (1/2ページ)

2014.6.17 14:47

新しいディスプレーを説明する篠田傳社長=3月26日、神戸市中央区

新しいディスプレーを説明する篠田傳社長=3月26日、神戸市中央区【拡大】

 曲がるプラズマディスプレーの事業化を目指す篠田プラズマ(神戸市中央区)は16日、欧米の投資家から資金援助を受けたことを明らかにした。

 篠田プラズマは資金繰りの悪化で昨年11月から事業を停止しているが、海外資本が技術の可能性に着目した格好だ。同社は、産経新聞の取材に対し「年内に事業再建のめどをつける」とした。

 篠田プラズマは、富士通の研究所出身で「プラズマテレビ生みの親」ともされる篠田傳(つたえ)氏(65)が平成17年、他の研究者らとともに設立。篠田氏は会長兼社長を務める。事業停止以降、マスコミの取材に応じるのは初めて。

 篠田氏によると、1月に欧米の投資家が同社の事業の将来性を評価し、資金援助を決めた。1年程度は企業を維持し数人の技術者で研究開発を続けながら、事業に出資するスポンサー探しができるとしている。

篠田氏は6月初めに米国で開かれた情報ディスプレー学会で…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。