労組に契約社員2000人が加入 損保ジャパン・日本興亜、人材囲い込み (1/2ページ)

2014.6.21 07:04

 9月に合併する損害保険大手の損害保険ジャパンと日本興亜損害保険で、従来は正社員だけを構成員としていた労働組合にフルタイムで働く約2000人の契約社員が加入することが20日、分かった。

 6月中に正社員でつくる労組で正式に決めた上で、労使が合意する。非正規の社員を中心に人手不足が強まる中、人材確保につなげる狙い。フルタイムの契約社員を時給制から月給制に切り替える待遇改善も実施される。

 9月の合併時に、契約社員の事務職の雇用体系を変更。フルタイムの契約社員は月給制となり、ボーナスも支給して、最大で100万円の年収増が見込めるようになる。従来は保険書類の受け付けや仕分けなどだった仕事の内容も広げ、代理店の販売支援などの対外的な業務や保険金支払い業務など、より責任の重い職務も担ってもらう。

「職場で正社員と非正規社員の一体感を高める狙いもある」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!