いすゞ、バイオ燃料開発へ 東大発ベンチャーのユーグレナと共同研究

2014.6.25 19:00

 商用車メーカーのいすゞ自動車は25日、東大発バイオベンチャーのユーグレナと組み、藻類と動物の性質を併せ持つ単細胞生物「ミドリムシ」を使った自動車用バイオディーゼル燃料の実用化に向けた共同研究を始めると発表した。第1弾として、いすゞの藤沢工場(神奈川県藤沢市)で、従業員の送迎バスをミドリムシが原料のバイオデューゼル燃料を使って定期運行する。

 バイオディーゼルは大豆などの油脂から作る軽油の代替燃料。ミドリムシを原料にしても品質的には変わらないが、耕作地が要らないため国土の狭い日本でも安定的な生産が可能だ。ミドリムシの大量培養技術を持つユーグレナが1年前から開発に取り組んできた。

 現在流通しているバイオディーゼル燃料は変質してエンジンを傷める恐れがあり、軽油に5%までしか混ぜられない。実証試験も当初は含有率1%から開始。送迎バスが不具合を起こさないか見極めながら研究を進め、2018年までに軽油からバイオディーゼル燃料に置き換える計画だ。

 いすゞの細井行社長は「資源のない日本では燃料を多様化する取り組みが重要だ。社会の要請にこたえたい」と話した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。