携帯大手3社、定額通話で横並び KDDIはデータ通信に割安感 (1/3ページ)

2014.6.25 15:44

 KDDIは25日、どの会社の携帯電話・固定電話でも一定額で国内通話ができる定額通話とデータ容量が6段階で選べるデータ通信サービスを組み合わせた新料金プラン「カケホとデジラ」を発表した。7月1日から順次サービスを開始する。NTTドコモ、ソフトバンクに続き、携帯大手3社の新料金プランが出そろったが、定額通話は3社が横一列。加入者当たり収入減につながる価格競争を回避したい思惑が働いた格好だ。

 最後発となったKDDIはデータ通信でNTTドコモやソフトバンクよりきめ細かく選択可能にした無駄の出ない仕組みで割安感を打ち出した。また、スマートフォン(高機能携帯電話)が対象だった携帯・固定のセット割引「スマートバリュー」を従来型携帯に広げた。

 データ通信料金は、ドコモとソフトバンクが2ギガ~30ギガバイトまで4段階で同料金なのに対して、KDDIは2社にない3ギガ、8ギガ、13ギガバイトを追加して計6段階(15ギガ~30ギガバイトは未設定)とした。また、10ギガバイトの場合、2社より1500円安い8000円に設定した。

田中社長「他社が発表したので前倒しした」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。