楽天が格安航空事業に参入へ 全日空の元提携先「エアアジア」と組む

2014.6.26 13:34

 楽天が航空事業への参入を検討していることが26日、分かった。昨年秋に全日本空輸と提携を解消したマレーシアの格安航空会社(LCC)、エアアジアの新たな日本側パートナー企業となる。エアアジアの日本法人に出資し、中部国際空港を拠点に来年中の就航を目指している。

 楽天はグループ旅行会社「楽天トラベル」などと連携して、航空事業を新たな収益源として育てたい考え。一方、エアアジアは、楽天の顧客基盤や旅行予約サイトで培ったノウハウを取り入れることで、コスト削減などの相乗効果を見込めると判断したもようだ。

 出資比率など詳細については今後詰める。日本の航空会社は航空法により、外国人の議決権割合を3分の1未満に抑える「外資規制」を受ける。そのため、エアアジア日本法人には、楽天以外の日本企業も資本参加する可能性がある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!