好調「軽」5月の国内生産を牽引 自動車8社 ボーナス商戦へ在庫積み増し (1/2ページ)

2014.6.28 07:40

 国内自動車大手8社が27日にまとめた5月の国内生産の合計は、前年同月比6.1%増の73万389台と9カ月連続で増加した。引き続き販売が好調な軽自動車の生産が全体を牽引(けんいん)し、軽メーカーを中心に今月から始まったボーナス商戦に向けて在庫を積み増した。米国販売が30カ月連続増と好調な富士重工業は、国内向けの減少分を輸出に振り向け高水準の生産を維持した。

 国内販売は0.6%減の33万5309台。消費税増税前の駆け込み需要の反動減の影響が大きい登録車(乗用車)の販売が特に落ち込んでいる。主に軽販売比率の低いメーカーが4月に引き続き減少しており、トヨタ自動車、マツダなど4社が前年割れとなった。

 一方、海外生産は4.5%増の144万4603台だった。日産自動車、ホンダ、スズキの3社が5月として過去最高を記録。ホンダは、中国向けセダン「クライダー」の販売増に引っ張られる形で伸びた中国生産が大きく寄与した。

 スズキは、主要生産国であるインド、ハンガリー、中国の生産がそれぞれ増加した。

国内生産と海外生産を合わせた世界生産は5%増

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。