ヤマハ発が新型3輪バイク「トリシティ」を9月発売 (1/2ページ)

2014.7.1 15:49

 ヤマハ発動機は1日、新型の3輪バイク「トリシティ」を9月10日に発売すると発表した。タイヤが前に2つ、後ろに1つあるデザインで、2輪車にはない安定感とスポーティーなハンドリングが特徴だ。バイクを敬遠していた若者層や小回りのきく車両を求める4輪ユーザーを取り込みたい狙いがある。

 トリシティは35万6400円で、年間販売目標は7千台。低速域でもスムーズに走行する125ccエンジンを搭載した。

 後輪が2つある3輪バイクは珍しくないが、前輪を2つにする斬新なデザインを採用。カーブで前輪が車体と同調して傾く独自の機構を用いて、自然なハンドリングを実現した。柳弘之社長は1日の発表会で、「2輪車、4輪車にはない新しい価値、今までにない驚きと楽しさを提供する」と強調した。

今後、欧州市場などにも投入する予定

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。