タブレットのシェア、年度内に50%に 日本MS社長

2014.7.2 17:55

 日本マイクロソフトは2日、基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」を搭載したタブレット端末の店頭販売シェアを今年度(2014年7月~15年6月)中に現在の約30%から50%超に引き上げる計画を明らかにした。また、インターネットで情報をやり取りするクラウド型の有料サービス「オフィス365」の個人への提供を年内に開始する。

 樋口泰行社長がこの日の経営方針説明会で表明した。

 タブレットは、自社製品とウィンドウズを採用する他社製品合わせた店頭シェアが昨年は約10%だったが、今年1~3月に30%まで上昇した。このため、今月17日に薄型軽量の「サーフェスプロ3」を投入してテコ入れするほか、法人向け販売も力を入れる。

 クラウドビジネスも強化する。クラウド経由で業務用ソフトなどが利用できるオフィス365はこれまで法人向けに提供、企業や教育機関で利用を増やしている。今後は、個人向けにも提供する。

 昨年度はウィンドウズXPのサポート終了に伴う買い替え特需もあり、売上高は過去最高だった。樋口社長は「日本は生産性が低く、IT(情報通信)の利活用が遅れている。生産性や競争力を高めたいという顧客は多く、投資が活発になっている」と述べ、事業拡大に意欲を見せた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!