国内LCC乱戦模様、運航面で課題 エアアジア日本再参入、5社体制に (1/3ページ)

2014.7.2 07:12

メディアからの撮影依頼に応じる楽天の三木谷浩史会長兼社長(左から3番目)、エアアジアのトニー・フェルナンデスCEO(右から4番目)ら=1日午後、東京都港区

メディアからの撮影依頼に応じる楽天の三木谷浩史会長兼社長(左から3番目)、エアアジアのトニー・フェルナンデスCEO(右から4番目)ら=1日午後、東京都港区【拡大】

 マレーシアの格安航空会社(LCC)大手、エアアジアは1日、日本市場への再参入を正式発表した。エアアジアは同日、新会社「エアアジア・ジャパン」を設立。資本金は70億円で、楽天(議決権ベースで18%)のほか、ノエビアホールディングス(13.4%)、アルペン(7.4%)など国内4社が出資する。2015年夏の就航を目指す。

 エアアジアの参入に伴い、国内線を運航するLCCは5社体制となる。低運賃が売りのLCCは国内でも定着しつつあるが、最近はパイロット不足による大量欠航など運航面の課題も浮上している。

 「日本はアジアの中心であり続ける。お値打ち価格のチケットで(新会社の)エアアジア・ジャパンは世界を日本に呼び込む努力をしたい」。同日の会見で、エアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)はこう強調した。

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は会見後、「アジア向け観光ビザの要件緩和は今後も広がる可能性がある」と指摘した上で、今回の出資を機に、自社の旅行予約サイト「楽天トラベル」にアジアからの訪日需要を取り込んでいきたい考えだ。

今回の異業種連合では同じ失敗は繰り返さないと自信

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。