セブン&アイ、2年連続最高益 3~5月期 駆け込み・PB販売伸び

2014.7.4 05:00

 セブン&アイ・ホールディングスが3日発表した2014年3~5月期の連結決算は、最終利益が前年同期比5.6%増の395億円と、3~5月期として2年連続で過去最高を更新した。主力のコンビニエンスストア事業で利益率が高いプライベートブランド(PB、自主企画)商品の販売が伸びた。消費税増税前の駆け込み需要が寄与し、スーパーストア事業や百貨店事業も好調だった。

 売上高に当たる営業収益は7.9%増の1兆4721億円、営業利益が5.1%増の774億円と、いずれも3~5月期として過去最高だった。

 コンビニ事業では、増税後に購買意欲の喚起を狙ってオリジナル商品の4割を入れ替えた結果、高めの価格設定をしたPB「セブンゴールド」やパック総菜などが好調だった。既存店売上高は3.6%増、営業利益も12.1%増の552億円と伸長。5月末時点の店舗数は2月末比303店増の1万6622店となった。

 総合スーパーのイトーヨーカ堂の営業収益は3246億円と0.1%の微増だったが、安売りの抑制や衣料品売り場などのテナント化が奏功し、営業利益を29億円と7.7%伸ばした。

 百貨店のそごう・西武は営業収益2.9%増の1989億円、営業利益56.6%増の20億円だった。増税後の反動減も想定より小さかった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!